蝋燭

家族葬という形|親しい人だけでお見送りをしよう

花

簡素化しているお葬式

経済的で煩わしさがない、シンプルな葬儀が「直葬」です。遺族だけ集まって遺体を火葬するだけなので、短時間で葬儀が終わります。藤井寺でも高齢者が増えている影響もあり、遺族に迷惑がかからない直葬を選ぶ人が増えています。

葬儀

利点と注意点

大東市で家族葬を行なう時は、注意するポイントを把握しておきましょう。それから、家族葬に慣れている業者を選んでおくことで、スムーズに話も進み周りへの対応の方法も教えてもらうことができます。

変化していく葬式

線香

小規模な葬式

近年、葬儀に関する話題のなかで、家族葬という言葉を耳にすることが多くなりました。従来の葬式は100人以上の参列者がいることを前提としていましたが、日本社会の高齢化、少子化が進むにつれて、年々参列者の数は少なくなりつつあります。そういう傾向の中で、自分の葬式に関して、残された家族の精神的・肉体的疲労や経済的負担を少なくしたいと考え、小さな葬式にしてほしいという希望を残す人も少なくありません。家族葬には決まった形式はなく、従来の葬式を小規模に、簡素にしたものという捉え方が主流です。宗教の決まり事や故人の意思を尊重しつつ、葬式に必要な段取りを必要最低限に抑え、全てを小規模にしたものです。家族葬の希望をもつ人や関心のある人は、生前に、家族葬の知識が豊富な団体や、経験の豊富な葬儀社に相談してみるのもよいでしょう。

注意するべきこと

20人〜30人くらいの参列者で営まれることが多い家族葬ですが、家族を中心に親族や親しい友人など少数の人たちが集まって故人をしのびます。家族葬の場合、事前にしっかりと確認しておくべきことが幾つもあります。一番大事なことは、訃報をどの範囲まで知らせるかということです。そして、知らせなかった人にも、故人と縁のある親類や知友などには、葬式後、できるだけ早く、少なくとも2週間以内に死亡を知らせるようにします。その他にも、予算はどう組むか、どこの葬儀社に依頼するか、自宅で行なうか別の場所にするか、祭壇を設置するかどうか、喪主は誰にするか、香典・供花・供物は受け取るか、などについてもしっかりと取りまとめる必要があります。

線香

葬儀費用の特徴

藤井寺でお葬式をするなら、葬儀費用の内訳をしっかり理解しておく必要があります。葬儀費用は固定費と変動費があります。固定費は基本料金で提示されている費用です。そのほかに参列する人に応じて変動費がかかります。