女性

家族葬という形|親しい人だけでお見送りをしよう

葬儀費用の特徴

線香

変動費がかかる

藤井寺でお葬式をするときには、たいてい葬儀社に依頼します。葬儀社によって、基本プランが違います。基本プランで提示された金額は、あくまでも固定費です。葬儀費用を左右するのは「変動費」です。変動費とは、参列する人数によって左右される費用です。たとえば参列者が10人のお葬式と100人のお葬式では、接待にかかる費用や返礼品、香典返しなどの費用がまったく違います。これが変動費と言われる費用です。基本プランが30万円でも、それ以外に変動費が必要になります。そして変動費は、お葬式に参列する人数が多いほど増えます。藤井寺にも沢山の葬儀社がありますが、明朗会計でしっかり見積もりを出してくれる葬儀社にお葬式を依頼することが大切です。

一般葬と火葬の葬儀

藤井寺で変動費が一番必要になるお葬式が、一般葬です。一般葬は「通夜・葬儀・告別式」と行う、一般的な仏教の形式に沿ったお葬式です。遺族や親族、友人や知人など、多くの人が参列して故人との別れをしのぶのが一般葬の特徴です。藤井寺市内には、一般葬ができる大きな斎場があります。なるべく自社斎場つきの葬儀社に依頼すれば、葬儀費用が節約できます。変動費が一切かからないお葬式もあります。それは火葬をするだけの火葬式です。火葬式は遺族だけ、または親しい人達だけで行います。通夜も葬儀も告別式もなく、基本的に火葬をするのみです。読経やお焼香もないので、宗教関係者に支払うお布施代もかからず、最小限の葬儀費用で故人を見送ることができます。